2010年04月20日

殺人の時効廃止、刑訴法改正案が参院委で可決(読売新聞)

 殺人の公訴時効を廃し、傷害致死や業務上過失致死などで死亡させた罪は時効期間を2倍に延長することを柱とする刑事訴訟法等改正案は13日、参院法務委員会で与党と自民、公明両党の賛成多数で可決された。

 共産党は反対した。参院先議のため、14日の参院本会議で可決後、衆院に送られる。

<新型スカイライナー>走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
posted by サカタ タカオ at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)

 和紙の里として知られる岐阜県美濃市で10日、「美濃まつり」が開幕した。ピンクの和紙で飾った「花みこし」が華やかに練り歩き、昔ながらの防火壁、うだつの上がる町並みに春本番を告げた。

 花みこしは大人みこしと子供みこしを合わせて31基。ピンクに染めた和紙を長さ約3メートルの竹に花びらのように飾り、それぞれのみこしに200〜300本取り付けた。大人みこしの重さは300キロ前後にもなる。法被姿の担ぎ手が「オイサ、オイサ」の力強い掛け声とともに担ぎ上げると、和紙の花が大きく揺れた。

 最終日の11日は、県指定重要文化財の山車6台の巡行がある。【山盛均】

参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ〜ならえ(毎日新聞)
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か−家具厚生年金基金汚職(時事通信)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
posted by サカタ タカオ at 20:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

「大臣は逆走」進次郎氏、亀井氏と“初対決” (産経新聞)

 小泉純一郎元首相の二男、小泉進次郎衆院議員(自民)は6日の衆院財務金融委員会の質疑で、父親の進めた郵政民営化に反対した国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相との“初対決”に臨んだ。

 進次郎氏は郵政改革に関する論戦の中で、国民新党の政党支持率が0%となった産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査などの結果を持ち出し、「支持率0%の政党に振り回されている民主党はおかしい。去年の衆院選で国民が300議席を与えたのは民主党で国民新党ではない。郵政見直しについても50%以上の人が反対だ。大臣は逆走している」とまくし立てた。

 痛いところを突かれた亀井氏は「世論調査の結果は常に動く。世論調査に従って政治をやるなら、政治家はいりません!」と猛反論した。もっとも、質疑後冷静に戻った亀井氏は記者団に「人の心理をくすぐるのは、父親譲りでうまいな」と余裕の表情で語った。

【関連記事】
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否
人気健在!小泉進次郎氏見たさに街頭演説会500人超
美人市議や進次郎氏も参加 政治家ブログサイト開設
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意” 小泉進次郎氏前に
小泉進次郎が本会議デビュー「ヤジ多いほど燃える」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<坂本龍馬像>飲酒運転はいかんぜよ 巨大人形で呼びかけ(毎日新聞)
伊蔵・魔王…幻の焼酎、無免許ネット販売で摘発(読売新聞)
<私のしごと館>わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが−奈良県警(時事通信)
【キブンの時代】第2部 危険はどこに(3)マスクに殺到、豚肉料理中止…(産経新聞)
posted by サカタ タカオ at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。